ビジネスローンを借りる方法はノンバンク系の事業資金融資が良いものです

ノンバンク,事業資金融資

ノンバンクのビジネスローンは、
銀行以外の事業資金融資を借りる方法として定着しています。

 

銀行に融資を依頼する場合には、担保や第三者保証人が必要になってくるものです。

 

中小企業に担保として提供できる自社ビルがあるはずはありません。

 

また、第三者保証人とは言っても、
自分以外の保証人はなかなか見つかるものでもありません。

 

せっかく立ち上げた事業なのに、運転資金が枯渇してしまい、
営業が滞るのは経営者にとっては辛いものです。

 

ノンバンクのビジネスローンなら資金繰りの悩みを解決

ノンバンク,事業資金融資

ノンバンク系のビジネスローンでしたら、事業内容や、
ビジネスモデルを中心に審査を行いますので、担保や保証人は求められません。

 

銀行の方が金利は安いですが、融資実行に至る経緯を考えれば、
ビジネスローンの方が資金繰りには良いはずです。

 

事業資金のことで悩まずに、経営のことで悩みたいのが経営者の本音です。

 

ビジネスローンを利用すれば、資金繰りの悩みは解消され、
本来の経営のことで悩むようになるものです。

 

経営上の課題だけに集中するために早めに改善を

ノンバンク,事業資金融資

事業資金の悩みは常につきまとうものです。

 

せっかく優秀なビジネスモデルであっても、
実現する資金が無くては実行は不可能なものです。

 

ビジネスローンを利用すれば、資金面の悩みでは無く、
売上向上で悩むように変わっていくものです。

 

ノンバンク系のビジネスローンを利用して事業資金融資を行い、
経営上の課題だけを悩むように切り替えていくようにしましょう。

 

銀行が貸し渋りや貸し剥がしで悩んでいる現状では、
資金面で思うように経営が立ち行かないものです。

 

早めに改善を施すように心がけましょう。


ノンバンク事業資金融資でおすすめのサービス

 

ビジネスパートナー「個人事業主向けビジネスローン」の特徴

来店不要・担保保証人不要・スピード審査な【らビジネスローン】
・融資先 :法人又は個人事業主の方
・融資額 :50万円〜500万円
・年金利 :9.98%〜18.0%
☆スピード審査は最短1日、審査通過後に翌日融資も可能!
☆オンライン申し込みで来店の必要無し!
☆法人の場合は代表者様の連帯保証書があれば保証人も不要!
ビジネスパートナー

ノンバンクのビジネスローンも無担保で保証人も不要で審査に通れば事業資金融資が受けられて総量規制対象外

ノンバンク,事業資金融資

個人事業者が事業資金融資を受けたくて、ノンバンクのビジネスローンに
申し込む際、審査に通るかどうかが気になるものです。

 

確かに通らなければ借り入れは一切出来ませんので、
それは気になって当然でしょう。

 

ただし審査は気になったとしても、総量規制を気にする必要はありません。

 

ビジネスローンは総量規制対象外

ノンバンク,事業資金融資

確かにノンバンクからの借り入れといえば、通常は総量規制の対象となります。
ですから最大でも年収の三分の一程度の借り入れしかできません。

 

それゆえ、時に既に他社から借金をしているような場合では、
尚更気になって仕方がないかもしれません。

 

しかし、そんな心配は完全に杞憂なのです。
なぜならビジネスローンは個人事業者に対する貸し付けですので、総量規制対象外となるからです。

 

それゆえ規制に引っ掛かって借り入れできる金額が減ってしまうことはないのです。
ですから審査に通りさえすれば、希望する金額の借り入れは可能なのです。

 

ビジネスローンは無担保で保証人も不要

ノンバンク,事業資金融資

しかもビジネスローンは基本的に無担保保証人も不要ですので、
個人事業者にとっては非常に利用しやすいローン商品なのです。

 

ただしビジネスローンで借りるお金と言えども、借金であることに変わりはありません。
ですから返済のことを考えれば、決して甘い見通しで借り入れを行ってはいけません。

 

事前の返済計画は入念に立てなければなりませんし、
安全に、そして確実に返済しなければなりません。

 

そもそも事業資金であれば融資してもらう金額も比較的大きいのですから、
全部完済するまでは油断は禁物です。


事業資金融資としてノンバンクのビジネスローンを即日で借りるには

ノンバンク,事業資金融資

自営業の方などは、事業資金融資としてビジネスローンの申し込みをすることがあります。

 

しかし、銀行などで事業資金融資を申し込んだとしても、
条件が合わずに借り入れができない場合もあります。

 

そのような場合は、ノンバンクのビジネスローンを利用するというのも選択肢のひとつになります。

 

ノンバンクの場合でしたら、即日で事業資金融資が調達できる
ところもありますので、一度申し込んでみる価値はあると言えます。

 

ノンバンクのビジネスローンで事業資金融資を受けるためには

ノンバンク,事業資金融資

このようなノンバンクのビジネスローンで事業資金融資を受けるためには、
規定の審査があるわけですが、その審査が通れば即日で融資が可能になります。

 

まず、自営業の方の場合、どのような事業をおこなっているか
という申告とともに、収入などの申告も必要になります。

 

事前に収入証明書などを用意しておけば即日で事業資金融資の審査が通る可能性が高いです。

書類不備に注意

ノンバンク,事業資金融資

このとき注意しなけばならないこととしましては、ノンバンクのビジネスローンになりますので、
実際に事業をおこなっているかどうかの確認が必要になります。

 

ですので、仕事をしていることがわかる書類などを提示する必要があるということです。

 

このような書類がない場合は、即日で事業資金融資を受けることがむずかくなる場合もあります。
書類の不備には気をつける必要があります。

 

しかし、審査が滞りなく進めばノンバンクでビジネスローンを
利用することができますので、申し込んでみることをおすすめします。


事業資金融資なら銀行よりノンバンク系のビジネスローンで

ノンバンク,事業資金融資

事業資金融資の調達なら銀行よりノンバンク系のビジネスローンの方がおすすめです。

 

銀行の場合には、資金調達をするにも事業計画より担保や第三者保証人を求めるからです。

 

中小企業の経営者に自社ビルのような担保はあるはずも無く、
自宅が一戸建てだったとしても、自宅を抵当に入れて資金調達をしても微々たるもののはずです。

 

自分以外に会社に対する第三者保証人がいれば、まだいいのですが、
長年働いている従業員でも、会社のために保証人になって資金を借り入れる協力はしてくれないでしょう。

 

そうなると現実的なのはビジネスローンからの資金調達になってくるはずです。

ノンバンク系のビジネスローンは資金調達の可能性が高い

ノンバンク,事業資金融資

事業計画やビジネスモデル、過去2期分の決算をもとに審査を行いますので、
資金調達ができる可能性は高いはずです。

 

保証人も通常の形で、会社の連帯保証人に社長がなるだけで済みますので、
第三者保証人を探す必要もありません。

 

せっかく事業が順調に伸びているのに、資金が枯渇したために、
事業をたたまなくてはいけなくなるほど、社長にとって辛いことはありません。

 

銀行だと融資の申請は難しい場合も

ノンバンク,事業資金融資

銀行への審査が通過すれば問題はありませんが、
審査基準も厳しく、時間もかかるものです。

 

また、最近は、貸し渋りだけでは無く、貸し剥がしも横行している状況です。
担保や第三者保証人が望めない状況での融資の申請は難しいものがあるでしょう。

 

今の事業を維持し、発展させていきたいのでしたら、迷わずにビジネスローンに相談をしてみてください。


事業資金融資先の選択肢の一つ、ノンバンクが提供するビジネスローンの審査落ちの原因と対応方法。

ノンバンク,事業資金融資

ノンバンクとは、銀行や信用金庫を除いた金融機関の総称であり、
消費者金融や信販会社などがノンバンクという扱いになります。

 

銀行は銀行法によって運営されており、
それ以外の会社は貸金業法によって運営されています。

 

規制する法律が違っているため、似たような金融商品でも、
細かな部分で制限があることがあります。

 

消費者金融の中にも事業資金融資を行っている会社がいくつかあります。
それらはビジネスローンとして提供されています。

ビジネスローンの審査落ちの原因とは

ノンバンク,事業資金融資

ビジネスローンは総量規制の対象外となっております。

 

貸金業法と銀行法の大きな違いである「総量規制」の影響を受けず、
銀行の提供するローンに近い金融商品です。

 

ビジネスローンは一般的なカードローンと比較すると審査が厳しくなっているため、
開業して間もなかったり実績がないと、審査落ちしてしまうことがあります。

 

また収入証明の提出が必要になることが多く、事業を証明する書類の提出も必要です。

 

審査落ちしないための対応方法

ノンバンク,事業資金融資

他社から信用情報を見ると、消費者金融のビジネスローンでも規制対象として表示されることがあり、
1社で総量規制を超える契約があると、他社とは契約ができなくなることがあります。

 

その場合は借入額に原因がありますので、
債務を圧縮したり銀行のローンに移すなどの対応方法をとる必要があります。

 

 

また、確定申告で収入を少なく提出している場合は金融機関の審査で低評価の原因となりますので、
過度な経費申告は控えるようにしたほうが良いでしょう。


事業資金融資をビジネスローンで借りる場合、ノンバンクでおすすめサービスがオリックスクレジットです

ノンバンク,事業資金融資

個人事業主などが事業資金融資を借りる場合、
一般の銀行や消費者金融では審査が下りないケースが多いものです。

 

担保とすべき収入が安定していないことが理由となります。

 

その上、個人的な信用情報がいかに優秀であっても、
また直近の収入が多いとしても難しいのにも理由があります。

 

それは、事業資金融資となると返済期間が長くなり、
その間も収入が十分に確保できるかどうかが統計上わからないからです。

 

多くの個人事業主は数年で廃業するケースが多いものです。

ビジネスローンは、ノンバンクのオリックスクレジットがおすすめ

ノンバンク,事業資金融資

銀行も消費者金融も、リスクとリターンを考慮して融資することになります。

 

けれどもどうしてもビジネスローンを必要とする場合には、
ノンバンクの中でもオリックスクレジットがおすすめサービスです。

 

無担保で融資を受けることができるので、用途は問われないのが理由となります。
個人的な用途であっても事業用であっても関係なく融資を受けることができることになります。

ネットを利用して融資をすぐに受ける

ノンバンク,事業資金融資

また、オリックスクレジットは無店舗による審査となるので、
ネットで申し込みをすれば最短で60分で融資を受けることが可能です。

 

カードが郵送されるまでは時間がかかりますが、
ネットを利用することで融資をすぐに受けることができます。

 

カードを利用することで、融資限度額内では何度でも借り入れることができるのも特徴となります。

 

金利も低めに設定されていることにより返済も楽なことから、
独立したサラリーマンなど個人事業を行う多くの人に利用されています。


「事業資金融資をノンバンクから安心して借りるための方法」関連情報